ARCHIVES

第五話「苗場」

こんにちは!ズーコです

11月12日品川プリンスパーク内、メロディーラインにて

初のコンサートを行うズーコとタケシ。

昭和の香りがプンプン漂うビジュアルの二人。

ズーコとタケシの始まりの話や裏話をみなさんに

シリーズ「おとまかせ」としてお届けしています。

少しずつこのユニットの事を知ってもらえたのではないでしょうか?

まだまだ行きますよぉ。

今日は第五話「苗場」です。

 

シリーズ第5話「苗場」

 

苗場にお邪魔させていただく時は、毎回DJバリK~ん氏の「Club バリK~ん」にゲスト出演

させていただいております。ゴスペラーズのコンサートが終了後、深夜に始まるこのイベント。

毎年大盛り上がりです。

そんな苗場で初めてタケシ氏のラウンジの話を知ったのは、

現地入りしてリハーサルが始まる前に、某グラシアス社長から

「ずうこ、カクテル呑みにいかないか?」の一言から。

「何を言ってるんですか?しゃちょぉ~、ライブ本番前ですよ。」と柔らかく断るズーコ。

「妹尾ちゃんのラウンジシャトレーヌで今夜出すカクテルの味見会というのがあってね。

毎回きちんと味を確認する為に、みんなで試飲会があるんだよ。シャンパン使ったものとかあって、

おいしいんだよな~」。。。。。。「行くっ。。。」

そして初めて訪れたラウンジ「シャトレーヌ」。フワフワでヒールがグラつくような絨毯。

フカフカのソファー、レンガ作りの壁に、開けた全面の窓の向こうに見えるスキー場の雪景色。

そこに置かれた真っ白いピアノ。

そんなお洒落空間でいただくカクテルは、日常の嫌な事全部を溶かしちゃうくらいのミラクルなお味でした。

是非夜の本番を見てみたい!とリハーサルの合間を抜け出してシャトレーヌへ。

タケシ氏の演奏と作り出す空気がプラスされたそこは、昼間感じたお洒落さよりも、

さらにさらに素敵でした。ゆったりと時間を忘れる贅沢なコンサートでした。

そのコンサートの中に飛び入りさせていただくきっかけは、次の年のカクテル試飲会でのお話。

次回の第6話「シャトレーヌにて」にて、またお話致しますね~。

 

タケシ様、今回二人のカクテルも作りたいと思っているのですが、いかがでしょうか?

またまた、どんなミラクルなものにしましょう??

 

(タケシより)

毎年恒例の苗場マジック。

気がつけばあの場所で演奏するようになってもうずいぶんと時間が経つけど

その空間のみんなのキラキラ感は半端ないね。

街の喧騒に日々の現実を置いて来た感じ。

もう毎回骨の髄まで楽しんでもらいたいという想いでついついステージも長くなっちゃう。

あんなみんなの素敵な顔見ちゃうとああまたいい曲作んなきゃって思うよ。

カクテル、次回までに考えておきます。

つうか一度でいいから客席で観てみたい。(笑)